G-TECH
がん先端治療の総合窓口

5G、AIが「がん治療」を変える!?

5G・AIと医学会

昨今、話題になっている5GとAIによって将来的にがん治療が大きく変わると、予想されています。IoTはすでに私たちの生活の多くのシーンで利用されていますが、その背景にあるのは大量のデータを送信して、そのデータを分析することができる技術の向上があります。これによって場所を選ぶことなく、一人ひとりに合ったさまざまなサービスを提供できるインフラが整ってきました。医療分野に関しても同様の効果が期待されており、地域ごとによる医療レベルの格差をなくすことにも役立つと見られています。一例として、カリフォルニア大学の権威は、5Gのがん先端治療への貢献度の高さについて力説しており、それが実現する可能性は高いというのが昨今の医学会における有力な見方となっています。

現状ではいろいろな課題によって、必ずしもスムーズながん治療を行えているとは言えません。特に、地方の医療機関で行える処置は限られています。がん先端治療では多くのデータを処理する必要があるので、そのための大きな医療機器を導入しなければならないからです。つまり、財源やスペースにそれだけの余裕がない医療機関では十分な対応が難しいということに他なりません。具体的には、国立などの大きな医療機関でしか十分ながん先端治療を行えないのが実情となっています。この状況を打開しない限り、いくら他の面で進歩が見られても、がんに苦しむ多くの人に対して満足のいくレベルの処置を行うのは困難です。その状況を覆すのは簡単なことではありませんが、5Gの登場によって光明が見えるようになってきました。

がん治療と5Gの将来

5Gはこれまでの通信規格よりもはるかに容量が大きいことがポイントになっています。そのため、ビジネスシーンを中心として、医学会などさまざまな分野で変化をもたらすのは間違いありません。たとえば、動画の閲覧も従来よりもスムーズに行えるようになるので、これまでの画像を中心としていた宣伝用のコンテンツは動画を中心とするものに置き換えられていくでしょう。教育の分野では、地方と都心の学校をつないだ状態でVRの技術も用いて臨場感のある共同授業を行えるようになります。過疎化の進む地域の教育レベルを上げていく方法として期待されいてるのが実情です。その他にも、大容量の高速通信によっていろいろな分野に変化をもたらします。その恩恵を強く受ける分野の一つに、がん先端治療も含まれているという訳です。

将来的には、前述のような分析用の大きな医療機器を導入していない医療機関でも治療が可能になります。わずかなスペースさえあれば設置できるような簡易な通信機器があるだけで同様のことを行えるようになるのです。大きな医療機器のある医療機関にデータを送信することにより、クラウド上で分析を実施して結果を返してもらいます。この方法であればデータの送受信をする環境を整えれば良いので、それほどコストがかかる心配もせずに済むでしょう。これまでは大容量のデータを送るのが難しかったので、そのようなアプローチを行うのは不可能でした。しかし5Gのおかげで、今後は一般家庭でもデータの送信を行えるようになるかもしれません。現時点ではデータを集めるには患者に医療機関に来てもらって計測するのが一般的です。もしくは、入院して検査結果を送るという選択肢しかない状況となっています。

これでは患者にとって負担が大きいですし、自宅療養に専念したいという人の希望も叶えられません。それに対して5Gと小型デバイスが患者の一般家庭にも普及した場合、こういった負担を一気に解消できる可能性があります。自宅で収集した大量のデータを医療機関に送信できるので、わざわざ訪れる必要がなくなるのです。さらには映像通信によって自宅にいながらにして、医師によるデータに基づいた診断を受けられます。つまり、一部の医療機関にしか行えない環境になっていた、がん先端治療が、地方の医療機関にまで広がっていくことになります。地域にとらわれることなく、国全体として治療レベルの向上や費用のカットを目指すことが可能になるというメリットです。そのためにはデータベースを整備するなど、さまざまな課題を確実にクリアしなければなりませんが、がん先端治療の民主化という点で大きな意義があります。

がん医療の分野におけるAIの将来

医学の分野では、5Gの普及に伴いAIの活用も大きな期待を集めています。5Gと同じくAIデータの処理効果を引き上げることが見込まれています。体内からがんを治していくには、免疫細胞に活躍してもらわなければなりません。それを実現して効果的に作用させるには、膨大な量のデータを扱っていく必要があります。たとえ患者が一人でも医師が一つひとつ処理していたのでは、永遠に終わらないといっても過言ではない分量です。AIによってビッグデータを活用して効率的に処理していくことが可能になれば、大きな改善につながることになるでしょう。さらに、その結果を5Gで医師に伝達できれば、がん治療のスピードが現状よりも圧倒的に速くなる可能性が高いです。このように5GとAIの登場によって、がん先端治療は大きな転換期を迎えようとしています。がん先端治療については、こちらからお問合せください。

コラム

がん先端治療 G-TECHがん先端治療ページのTOPへ