G-TECH
がん先端治療の総合窓口

がん患者と休職制度
ジーテック

がん先端治療コラム:がん患者と休職制度

がん先端治療コラム:がん患者と休職制度

今回は、病気になったときの休職制度について、ご紹介します。
もし、病院でがんと診断されたら、多くの人は今後の「仕事」について考えたり悩むものです。

休職制度を利用するために

会社は病気など長期休暇が必要なることを考慮して、職場ごとなどで異なりますが休職制度があります。この制度は、就業年数によって休職期間に差を設けている企業が多いようです。
一度、休職に入ると長くなることが予想されますので、企業の立場を考慮すると、残念ながらあまり積極的な気持ちになれないのが現実です。それは、大切な人材を失うかもしれないからです。しかし、がん患者様にとっては、治療を受けなければ会社どころか家族にも心配を掛けますから、休職して治療に専念する必要があります。
治療にあたり、会社を辞めるという選択肢もありますが、今後を長い目で見ると、辞めるよりも休む方が復帰時の負担は軽いはずです。ただ、がんに特化している休職の制度はないので、会社と話し合って休んだり復帰を約束することになります。

会社との話し合いにおいて、会社の考えを事前に考慮して置くことは、大切です。
会社としては、経験ある人材に、あまり長く休まれると経営に影響が出てきますから、なるべく短期間で治療を済ませ、確実な復帰を願うでしょう。その為、会社に話し合う前に、病気を患った時は、担当の医師の説明を受け、治療に要する具体的な期間を明確にすることが不可欠です。
当然ですが、治療に絶対はありませんし、急に状況が変化して期間が長引くこともあり得ますが、治療の明確な時期などがわかれば話し合いの助けになります。いずれにしても長期の休職は、会社にとって今後の計画上に影響を与えるのは確かです。
しかし、幸いなことに、現在のがん先端治療は免疫治療、遺伝子治療など進化を続けていますし、難治性の高いがんが治療できたり、治療の期間が短くなったり、患者への負担が軽くなるなどの期待が持てます。

実績があって信頼できる治療法を選ぶことが前提ですが、遺伝子治療に着目して治療を行うがん先端治療には、早期回復や早い段階での復職の可能性があり検討する余地があります。しかし、がん治療で問題となるのは、治療を受ける際に発生する費用です。

技術的に後発で新しいものだと、高額な医療費が請求されるケースがあることです。
勿論、確実に改善されるならいくらでも支払うという人はいますし、命が助かるなら安いものと考えられます。それでも、事前説明以上の費用が発生したり、長期的に返済の負担を背負うことになるのは別ですから、がん先端治療を選択するにしても、良く検討してから選択するのが賢明です。

復帰を目指す方針

余裕を持って長期的な休職が約束されれば安心ですが、現実には会社側の都合があるので難しのもです。現実的なのは可能な範囲で会社側の支援を取り付けてもらい、その中で治療や復帰を目指す方針です。
治療が完了しても復帰には時間が掛かりますし、いきなり休職前と同じ状況に置かれるのは現実的でしょう。理解のある企業なら、従業員を支援する制度を独自に確立していたり、段階的に復帰できるように配慮します。

がん治療技術が進化しているとはいえ、実際にがんとの診断を受ければ、ショックを受けますし、不安や心配事が大きくなったり募るのが普通です。
従業員に対する会社の姿勢は、こういう時にこそ明確になるものです。できる限り支援して欲しいとお願いして、どのような返答があるか確認することが必要です。そこで十分な支援を会社から申し出れば、会社へのより信頼が増しますし、制度を頼って治療に専念可能となります。

患者も早い復帰を当然、目指していますが、焦らずに無理なく着実に治療を進め、そして復帰して会社に恩返しするのが正解です。がん先端治療を含め、治療期間を短縮できる方法が選べるなら、それも選択肢の1つに含めて比較検討を行うのが良いでしょう。
言うまでもなく医師と良く話をしたり、場合によってはセカンドオピニオンも活用して、治療に対して最適と思える答えを出すことをおすすめします。仮にもし会社の支援に期待できないとしても、加入している保険でカバーできたり、高額療養費制度などで負担を減らせる可能性があります。

まとめ

がん治療のために、どの方法を選択するにしろ、保険や支援なしで治療を決めたり、復帰先がない状態でがん治療に入るのは無謀です。万が一会社を辞めることになっても、後先を考えずに決断するのは避けましょう。
戻れる場所がある、支援していくれる人達がいる、そういう安心感があってこそ治療に専念できるというものです。
迷惑を掛けるからと休職期間中に依願退職をするのは早計ですから、くれぐれも先走って誤った決断をしないように注意が必要です。

病気を患うと不安な気持ちになったりますから、会社と話し合って休職制度を利用したり、国の制度を利用することで気持ちにゆとりができて、前向きに治療に取り組む助けになります。そのために、会社や国には、さまざまな制度あるので、独りよがりならずに周りに頼り、治療に取り組むようにしましょう。

コラム

がん先端治療 G-TECHがん先端治療ページのTOPへ