G-TECH
がん先端治療の総合窓口

がん専門医療コーディネーターの存在

現在、日本ではがんによる死亡率が増加の一途をたどっており、これまで40年近く、死亡率のトップの座を飾っています。「2人に1人が、がんになり3人に1人が、がんで死亡する」とも言われおり、誰でもがんに侵される可能性がとても高くなっています。いつ、がんの病魔が襲い掛かってくるのか誰もわかりません。自分だけではなく、ご家族やご親族、身近なご友人にもその危険が近づいているかもしれません。
医師から「がんです」と告知を受けた時、きっと頭の中が真っ白になって、何をどうすればいいのか、これから何をすればよいのかなど、不安と焦り、そしてショックで混乱してしまうことでしょう。治療法には何があるのか、どれがいいのか、セカンドオピニオンを誰に聞くべきなのか、家族や職場にどう話せばいいのか…これからやるべきこと、考えるべきこと、決めるべきことが次から次と出てきます。病気と闘いながら、それらのさまざまな問題を解決していかなければなりません。そんな時のサポートをしてくれるのが「がん専門医療コーディネーター」です。

がん専門医療コーディネーターとは

医療コーディネーターとはメディカルコーディネーターとも呼ばれ、医療の専門知識を持ち、患者の希望に応じて医療機関との橋渡しをしたり、患者様ご本人の価値観やライフスタイルに合わせて治療や療養ができるようにアドバイスをするなど、闘病生活のサポートをしてくれる人のことを言います。
がんの闘病生活には精神面でのケアが、とても重要です。例えば、仕事だけでなく、子育てや親の介護はどうしたらよいか、選んだ治療法は最善なのだろうかと、聞きたいことは山ほあります。それらのあらゆる悩みや疑問が出てきたときに、その悩みにそっと優しく寄り添ってくれる存在があるだけで、不安や恐怖から解放されて、回復力もアップするという良い影響もあるそうです。
治療法について、医師にいろいろ聞きたいけれど、医師の前に行くとうまく聞けなくなったり、こんな質問を医師にしてもいいのだろうかなど、としりごみしてしまう人も多いようです。そんな時に、がん専門医療コーディネーターの助けがあるととても心強く、支えになります。聞きたい内容が漠然としていて整理できていなくても、面談して、メモに書き留めていくうちに、聞きたいことが具体化されて優先順位がつけられ、整理することができます。そして、医師に対する聞き方についても相談することができます。
例えば、治療の自己決定を支援してもらう場合には、まず、医師の説明で分からなかった部分をがん専門医療コーディネーターにもっと分かりやすく説明してもらい、その内容の確認を深められます。さらに、治療のメリットやデメリットの他に、それぞれの患者様やご家族の生活スタイル(例えば、仕事で出張が多い、介護が必要な親と同居しているなど)まで含めて、どの治療が最良かを一緒に考えていくことができます。在宅医療の準備や相談もすることができます。

がん専門医療コーディネーターが考える、これからのがんの正しい治療法

がんを克服するためには、いったいどういった治療が最適と言えるでしょうか。今、日本では「がん」と告知されると、ほぼ無条件で三大標準治療(手術、放射線治療、化学療法)が行われます。この三大標準治療も飛躍的に進歩していて、多くのがんを克服することが可能になって来ています。
しかし、その一方で、三大標準治療では治療するすべがなく、お医者様に見離され、「がん難民」と呼ばれる多くのがん患者が増えているという悲しい現実があるのも事実です。こんな現象が起きるのはなぜでしょうか?
大きな病院の医師に見放されたから治療法が無いかのか、と言うと、決してそうではなく、重粒子線などの先進医療を始め、免疫療法、温熱療法などの代替医療などにより、がんを克服したという例はたくさんあります。最近、アメリカなどを中心に行われている遺伝子医療などもその進歩は目覚しく、驚異的な効果が出ているという報告もあります。
日本が誇る保険治療は世界的に見ても優れており、がんにおいては「がん診療ガイドライン」が制定されていて、どの病院でどの医師に罹っても等しく同じ治療が受けれるという特徴を持っています。これはどこの国も真似の出来ない素晴らしい仕組みであるのですが、逆に言えば、基本的にどの病院に行っても同じ治療をお医者様に薦められるということです。そのため、セカンドオピニオンが意味をなさなくなっているのです。これは、日本が誇る標準保険診療という医療システムの弊害とも言えるかもしれません。
もし仮に、他に最適な治療方法があったとしても、より安全なガイドラインに添った治療になります。その治療の範囲は『保険診療の範囲において』と言う、極めて狭い範囲からの治療となります。がん医療には、三大標準治療以外にも、重粒子線などの先進医療を始め、免疫療法などの代替医療やがんの完治までも期待できる遺伝子医療など様々な方向から多角的に治療方法があります。
ジーテックは、従来のがん治療に加えてがん先端治療の遺伝子治療、がん免疫細胞治療などの治療情報をご提供しています。がんの死亡者数が増え続けている日本においても、がんの治療法の選択肢を幅広くご提案させていただけたらと、願っています。
もしがん先端治療を選択肢の一つとして考えられるのであれば、クリニックについて慎重にそして詳細に調べ、より効果の高い治療方法を行っていると思えるクリニックを選ぶことが大切と言えます。こうした治療法を選ぶ際に必要なサポーターとして、がん専門医療コーディネーターがその役割を担っていくことになります。

ジーテックは、がん先端治療について、患者様、ご家族に寄り添ってベストながん治療を一緒に考えていきます。
お問合わせは、こちらからお気軽にお問合わせください。

コラム

がん先端治療 G-TECHがん先端治療ページのTOPへ