G-TECH
がん先端治療の総合窓口

免疫療法に大切な点

免疫療法に大切な点

がんの治療と言えば、一般的に手術、放射線、抗がん剤がこれまで主流な治療方法でした。しかし、ここ最近それらの治療に加えて、注目を浴びている治療方法があります。それは「がん先端治療」です。
このがん先端治療には、「がん遺伝子治療」、「免疫細胞治療」、「特殊な放射線治療」などが含まれます。これらの新しい治療は、がん細胞の対して遺伝子レベルで攻撃します。医学技術の発展に伴って、特殊技術により増加や強化された免疫細胞でがん細胞を攻撃します。
従来の治療に新たに「がん先端治療」が加わり、がん治療の選択の幅も広がっています。

「がん先端治療」に共通していることかもしれませんが、特に「免疫細胞治療」において大切にされていることは、がん治療を受けられる方の「意思」です。

そもそも、免疫とはなんでしょうか。
ある辞書によると免疫とは「体内に病原菌や毒素その他の異物が侵入しても、それに抵抗して打ちかつ能力。また、異物と反応する抗体を作って発病をおさえる抵抗力を持つこと。転じて、物事がたび重なるにつれて慣れてしまうこと。」とありました。つまり、体を病気から守るための、防衛機構と言えます。

この免疫は、体外からの異物の侵入の防衛を「自然免疫」と「獲得免疫」の2段階で行います。
まず「自然免疫」が最初に侵入してきた異物に気づく働きのパトロールの役割と最初の攻撃をします。免疫細胞の司令塔である「樹状細胞」は、パトロールの働きをするのが「単球」で、最初の攻撃をするのは「顆粒球」「NK細胞」です。「自然免疫」では対応できないと次に「獲得免疫」が働きます。獲得免疫には、T細胞やB細胞といった「リンパ球」で、より強力に異物の侵入物に対して抵抗と攻撃を行います。

免疫細胞治療では、自分の体に備わっているこの免疫細胞の力を信じてることが大切になります。

免疫力をアップさせる

大切な免疫細胞ですが、この免疫力をアップさせる方法には、どんな方法があるでしょうか?
例えば、十分な睡眠やバランスの良い食事の他に、ストレスの軽減などの方法があります。

現代の私たちは、日々忙しい生活を送っていますので不規則な生活になりがちです。不規則な生活になると寝不足、栄養不足や栄養の偏りなどになるので、免疫の敵です。また、生活スタイルの乱れは、体内時間にも影響を与えます。生活スタイルが乱されると少しづつ体内時計が狂うことがあります。実は、この体内時計は、自律神経や体内のホルモンの分泌などをコントロールしていますから、自律神経が乱れて免疫力に影響を与えます。

免疫力と冷え

免疫力に影響を与えるのは、食事や生活スタイルだけではなく、低体温も影響をします。体の仕組を少し見てみましょう。体の中を流れる血液は、体温が上がると流れが良くなります。私たちの血液は、約60兆個の細胞に栄養と酸素を届けています。また、同時に老廃物を回収しています。その血液の中には、免疫機能の働きをする白血球が存在しています。白血球が体内を流れることで、異物の侵入に対してパトロールの働きをしています。逆に、体温が下がると異物の侵入を発見する働きが鈍くなる、つまり免疫力が下がります。免疫力を低下させないように、体の冷やさないように心がけましょう。

免疫力と精神力

免疫力は、生活スタイルだけではなく、精神力とも関係があることが、科学的に証明されています。
精神的なダメージを受けると、たとえば、強いストレスを受けると自律神経のバランスを崩します。それにより体内のIgA分泌などが低下し、免疫力が低下します。

免疫力が低下すると同じように低下する「IgA分泌」は、主に抗原を破壊や循環系への異物の侵入を防ぐ働きがあります。つまり、免疫力の一つの分泌です。この分泌に影響を与えるのは、ストレスなどご本人の精神力が関係します。ですから、治療を受ける方がご自身の免疫細胞の力を信じ続けて、免疫治療を行うことが重要だと一般的に考えられています。
がんという未知数の病と闘うのは、精神面のダメージや感情面のコントロールが必要になりますが、ご本人の生きることをあきらめない強い姿勢やご家族の支えによって、がんと闘えます。

私たちジーテックも、がんと闘う患者様とご家族ににとってベストな治療法を一緒に考えています。従来のがん治療に加えて「がん先端治療」のアドバイスを行なっています。「がん先端治療」に関してのお問合わせは、こちらへお気軽にお問合わせください。

コラム

がん先端治療 G-TECHがん先端治療ページのTOPへ