G-TECH
がん先端治療の総合窓口

がんの基礎知識Our Service

大腸がん

大腸は消化器官に属し、小腸と肛門の間に位置する臓器です。大腸は全体の長さが約1.5メートル程になり、右側から盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S字結腸、直腸に分けられます。主に大腸がんは、大腸の上皮細胞からがん細胞が発生しますが、がんが発生する位置によって結腸に発生するがんは結腸がん、直腸に発生するがんは直腸がんと呼ばれます。

  • 大腸がんの原因について

  • 大腸がんの原因、予防について

    大腸がんの発生原因として、大きく環境的要因と遺伝的要因に分けて考えられます。環境的要因の中では、食生活や生活習慣が主な要因として挙げられます。大腸がん、直腸がんは動物性脂肪と肉を多く摂取するアメリカやヨーロッパで多く発生しており、アジア各国ではアメリカ・ヨーロッパ諸国と比較すると発生率が低かったですが、最近では食生活の西洋化に伴い、以前に比べてアジア圏でも大腸がん、直腸がんの発生率が増加傾向にあります。

  • 大腸がんの症状について

  • 大腸がんの症状

    大腸がん、直腸がんも他の臓器のがんと同様に、初期(がんが非常に小さい状態)には自覚症状がほとんどありません。

    右側にある大腸、すなわち上行結腸は左側にある下行結腸より大腸の直径が大きく、その中にある内容物も液体性であるため、下行結腸にがんが発生した場合、がんにより大腸が塞がれてしまう閉鎖症状は、がんが相当に進行した時に現れる症状です。他によく見られる主な症状としては、右側の下腹辺りの軽い痛み、食欲減退、消化不良、貧血、体重減少などがあります。

  • 大腸がんの治療について

  • 大腸がんの治療

    大腸がんは、臓器別に見たがんの中でも死亡者数の多いがんです。とはいえ、大腸がんは進行が遅めで、比較的性質のおとなしいがんであるとも言われており、早期発見されて、適切な治療を受ければ高い確率で完全に治すことができます。初期段階では症状は自覚できない大腸がんですが、正しく検診を受ければ、高確率で見つけることが可能です。自覚症状が出てから見つかった場合でも、がんの標準治療とともに、がん遺伝子治療や免疫細胞治療などのがん先端治療を組み合わせることで、少し進行してしまった大腸がんとも戦っていくことができます。

Accessアクセス

G-TECH株式会社

〒104-0033
東京都中央区新川1丁目6-11
ニューリバータワー5F

tel.0120-881-888

GoogleMapで見る

がん先端治療 G-TECHがん先端治療ページのTOPへ