G-TECH
がん先端治療の総合窓口

がんの基礎知識Our Service

乳がん

乳がんは乳房内に留まる良性腫瘍とは違い、乳房外へと広がり生命を脅かす悪性腫瘍です。乳房には様々な種類の細胞がありますが、どの細胞からでもがん細胞に変異する事が可能な為、乳がんの種類は多数に渡ると言われます。しかし大部分の乳がんは、乳管と小葉の細胞(特に乳管細胞)に起因する為、一般的に乳がんと言えば乳管から発生する「乳管がん」、小葉の細胞から発生する「小葉がん」の事を指します。

  • 主な原因

    乳がんの原因は、今だ正確には分かっていません。よってある人が乳がんを発症する可能性が高く、どうすれば予防できるかを確実に言う事は困難です。しかし色々な研究を通じて、乳がん患者と、非乳がん患者を比較した時に見られる相違点が判明しています。このような相違点を「危険因子」と呼んでいます。乳がんの危険因子としては、女性ホルモン(エストロゲン)、年齢及び出産経験、授乳要因、飲酒、家族内の乳がん罹患歴などが挙げられます。

  • 主な症状

    初期の乳がんは、多くの場合でこれといった症状がありません。最も多い症状としては、痛みがないしこりがある事です。しかし、しこりの全てが乳がんというわけではありません。良性のしこりとして、乳腺症、線維腺腫、葉状腫瘍などがあります。乳房にしこりが認められる時には、それが乳がんかどうかを専門医に診てもらい識別する必要があります。
    がんが進行すると乳房だけではなく、わき部分でもしこりが感じられるようになります。他にも進行するにつれて皮膚のただれ、ひきつれ、陥没などの症状があります。
    他にも乳房の皮膚が腫れて皮膚がオレンジの皮のように分厚くなることがありますが、これは皮膚の下のリンパ管ががん細胞により防がれてしまう為に起こる症状です。

Accessアクセス

G-TECH株式会社

東京都中央区新川1-6-11
ニューリバータワー5F

tel.0120-881-888

GoogleMapで見る