G-TECH
がん先端治療の総合窓口

がんの基礎知識Our Service

胃がん

胃は消化器官の中で最も広い部分で、左側上腹部肋骨の下に位置し、食道と十二指腸に連結しています。胃は摂取した飲食物を保存し、胃の収縮・弛緩運動と消化液が含まれた胃液分泌を通じ、飲食物を消化しやすい状態にします。
胃がんは胃に発生する全ての悪性腫瘍の事をいい、胃がんのほとんどは胃腺がんが占めています。胃腺がんとは、胃粘膜に位置する腺組織が悪性変化し発生するがんの事を言います。

  • 胃がんの症状

    がんがある程度成長し臓器の機能を妨害するようになるまで自覚症状が出る事は少なく、またかなり進行しても症状が無い事もあります。典型的な自覚症状がなく、代表的な症状としては胃痛、食欲減退、胃のむかつき、嘔吐、腹部膨満感、腹痛、体重減少、嚥下障害などが挙げられます。
    初期の胃がんは自覚症状がほぼ無く、健康診断などで偶然発見される場合もよくあります。これと言った胃がん特有の症状が無い為、一つの症状がずっと続いている、繰り返されるといった場合には、必ず病院で診断を受けてみるのがいいでしょう。定期的な検診も重要です。

  • 胃がんの予防について

    40代以降で胃がんの罹患率が高くなっており、内視鏡検査やX線検査と言った胃がん検診の受診が推奨されます。また家族に胃がんを患った経歴がある場合なども、定期検診を受けるようにしましょう。他にも食生活の面では、偏食しない、塩分過多の食事を控える、過度な飲酒をしないなど、健康的な生活を心がけるのも大切です。

  • 治療法

    胃がんは日本人に多いがんの一つですが、最近ではピロリ菌などの原因が突き止められたり、内視鏡検査などの技術が上がったことで早期発見につながり、適切な治療を受ければ高い確率で治すことができるようになっています。胃がんの基本的な治療方針は、病変部を取り除くことなので、手術(外科治療)が主な治療法です。転移があるなど、手術が難しい場合には、全身治療である化学療法が行われます。がんの標準治療の一つである放射線治療は、胃がんに対する効果が手術ほど認められないため、あまり行われません。それら標準治療に加えて、がん先端治療である遺伝子治療や免疫細胞治療を組み合わせることによっても、患者さんは最適な治療法を選ぶことができます。

Accessアクセス

G-TECH株式会社

〒104-0033
東京都中央区新川1丁目6-11
ニューリバータワー5F

tel.0120-881-888

GoogleMapで見る

がん先端治療 G-TECHがん先端治療ページのTOPへ