G-TECH
がん先端治療

がんの基礎知識Our Service

甲状腺がん

甲状腺は喉の前側の出っ張った部分、いわゆる「のどぼとけ」と呼ばれる甲状軟骨の約2~3㎝下にあります。甲状腺は蝶のような形をしており、左葉と右葉、そして2つを繋げる峡部から成り立っています。1つの葉の長さは4~5㎝、幅1~2㎝、厚さ2~3㎝、全体の重さは15~20gです。
この甲状腺に発生したしこりを「甲状腺結節」と言いますが、大きく良性と悪性の2つに分けられます。この内の悪性結節を「甲状腺がん」と呼びます。甲状腺がんは治療せずに放置すると、がんが大きくなり周辺組織に広がったり、リンパ節転移、遠隔転移を引き起こします。甲状腺に発生する結節の約5~10%が甲状腺がんと診断されます。

  • 甲状腺がんの種類

    甲状腺がんは起因する細胞の種類、細胞の成熟状態により分類されます。起因細胞の種類による分類では、濾胞細胞に起因する乳頭がん、濾胞がん、低分化がんおよび未分化がんと、非濾胞細胞に起因する髄様がん、リンパ腫などがあります。
    細胞が変化し、様々な構造と機能を持つようになることを「分化」といいますが、細胞の成熟度によって未分化、低分化、高分化などの「分化度」として分けられます。一般的に高分化ほど細胞の成熟度が高く、反対に未分化、低分化になると悪性度が高まり、未分化がんは細胞の分裂速度が速く、治療経過があまり良くないケースが多数見受けられます。

  • 主な症状や原因

    多くの場合で、特別な症状がありません。痛みがない喉のしこり以外に、症状はほぼ見られません。一部での例を挙げると、しこりが大きくなる、しこりが気道と食道を圧迫することにより呼吸困難を感じる、声が枯れる、しこりが非常に硬い、喉の痛みなどの症状が見られる事があります。
    甲状腺がんの危険因子の内、現時点で立証されているものは若年時の放射線被ばくです。放射線被ばくによる甲状腺がんの大部分は乳頭がんです。
    他には遺伝的要因として、家族性甲状腺がんがあります。家族性髄様がん症候群と言われ、RETという遺伝子が突然変異し、甲状腺髄様がんが発症することがあります。両親が乳頭がんや濾胞がんがある場合、子供に甲状腺がんが発生する可能性が高まると考えられています。

Accessアクセス

GTech株式会社

東京都中央区新川2-8-4

tel.0120-881-888

GoogleMapで見る