G-TECH
がん先端治療の総合窓口

スキルス性胃がんの基礎知識

がん先端治療コラム:スキルス性胃がんとがん先端治療

がん先端治療コラム:スキルス性胃がんとがん先端治療

がんには、いろいろな種類がありますが、女性より男性に比較的、患者が多いいがんに「胃がん」があります。一年間に日本では、胃がんと診断される方は、約135,000人いると言われています。しかし、下記にような減少傾向にあるとの報告もあります。

“日本の胃がんの罹患率は、人口の年齢構成の移り変わりの影響を調整した場合、
男性では2000年代前半まで減少傾向、その後は横ばいが続いています。女性では、1980年代から一貫して減少傾向にあります。”

引用:https://ganjoho.jp/public/cancer/stomach/

スキルス性胃がんの基礎知識

胃がんは、胃の内壁の粘膜の細胞が変化してがん細胞となり、これが増えることにより様々な問題を発生するものです。がん細胞は通常の健康な細胞が変化してできるものであるため、無秩序に増えてしまうことが大きな問題となっており、これを放置しておくと胃の近くにある大腸や膵臓などの臓器に転移して広がっていくと言う問題を生じることも少なくありません。

このがん細胞の中には、粘膜だけでなく胃の内壁にも影響し、その壁を硬く厚く変化させながら広がっていく進行性を示すものがあります。これを胃がんの中でも「スキルス性胃がん」と呼んでいます。スキルス性胃がんの場合には細胞の状態の変化を見つけることが難しく、内視鏡などでその変化を見つけることができた場合には進行度合いが大きくなっていることが多いことから、非常に治りにくいものとなっているのが特徴です。

スキルス性胃がんだけでなく胃がん全体に言えることですが、体への自覚症状がほとんどないために、その発生を感じる事は難しいものとなっています。みぞおちの部分が痛んだり、胃の不快感や食欲不振などが見られることも多いのですが、これらの症状は胃もたれや胃炎など日常的に発生する症状と混同してしまう場合が多いため、これが「スキルス性胃がん」と分かりにくく発見されるのがさらに遅れてしまう原因となります。スキルス性胃がんも同様に、症状での初期発見が非常に難しいため注意をしなければなりません。

スキルス性胃がんと最新治療

スキルス性胃がんを早期に発見し予防する方法には、様々なものがあります。がんが発生する可能性をあらかじめ予測し、また症状が現れる前に発見する方法として遺伝子治療が近年注目を集めています。人間は細胞の構築やその成長のプロセスを遺伝子が記憶していることが多く、その遺伝子の情報を調べることで将来どのような病気を発生する可能性があるかと言うことを知ることができるのです。この研究はがんの予防や治療にも応用されており、遺伝子の情報から適応する様々な薬の選定を行ったり、さらには投薬治療の方法などを組み立てることができるため、その情報を効果的に利用し可能性がある段階で早期に適切な治療を行うことができるものとなっています。

さらに、がん細胞は本来人間の体に存在してはいけない変質した細胞であることから、一般的には免疫と呼ばれる不正な物質を排除する機能が働きこれを排除したり、あるいは消滅させると言う効果を示すことになります。しかし免疫は異物には大きな効果を発揮しますが、がん細胞の場合には適用しないことも多いので注意が必要です。がん細胞は通常の細胞が変質したものであり、同時に様々な情報を変化させていることが多いので、免疫効果が及ばないことも多いのです。免疫治療ではこれらの状況を分析し、効果のある免疫を増強させるための薬物を利用したり、免疫力を高めるなどの治療を行います。

近年ではスキルス性胃がんのような非常に発見が難しいガンに対して様々な先端医療による対応が行われています。内視鏡手術などもその一つですが、病理検査などの総合的な技術を利用し、効果的な治療を行うことが少なくありません。がん先端治療では問題となるがん細胞を切除しながら周辺に影響を極力与えない内視鏡的粘膜仮想剥離術や、内視鏡的粘膜切除術などが行われており、その手法を利用することによって確実にがん細胞を切除し同時に健康な細胞の増加を高める対応が行われているのが実態です。G-Tech株式会社は、がん先端治療の窓口として、従来の手術に加えて、免疫治療、遺伝子治療などの先端治療の情報を、ガンと闘う皆様にご提供しています。是非、先端治療をご検討されている場合には、こちらよりお問合せください。

スキルス性胃がんは通常の胃がんと異なり、発見が難しいというのが大きなリスクとなります。しかしがん全てに言えることですが、早期に発見し治療を行うことで寛解する可能性も高いため、定期的な検診を確実に受診するとともに、体調の変化にも注意し積極的に診断を受けることが非常に重要な予防法となっています。

コラム

がん先端治療 G-TECHがん先端治療ページのTOPへ