G-TECH
がん先端治療の総合窓口

次世代がん遺伝子パネル
ジーテック

がん先端治療コラム:次世代がん遺伝子パネル

がん先端治療コラム:次世代がん遺伝子パネル

患者のがん遺伝子を詳しく調べることは、がん患者さまの一人ひとりに合わせた治療につなげることができます。特にがんの発生に関して複数のがん関連遺伝子の変異を一度に調べることで、よりふさわしい治療を行うことにつながると期待されています。今回は、その複数のがん関連遺伝子の変異を調べることができる「がん遺伝子パネル」について、解説します。

がん遺伝子パネル

「がん遺伝子パネル」とは、がん検査に用いる遺伝子の検査セットのことを指します。この検査セットを用いて検査を行うと、がんの発症に影響する様々な遺伝子の変異を一度に調べることができます。日本では2019年の6月から保険適用内でこの検査を受けられるようになりましたが、アメリカなどの国ではもっと前から医療現場で活躍をしています。

「がん遺伝子パネル」を更に進化させたものが、次世代がん遺伝子パネルと言われる検査セットです。従来がん遺伝子パネルが保険適用化された2019年の6月と同時期に、国内大手の電気機器メーカーとの共同研究開発について発表が行われました。その共同相手は東京大学と国立がん研究センターで、がん治療における精鋭たちを集めての開発です。2020年現在でまだ完成はしていないものの、最終的には薬事承認と保険適用を実現して一般人にも身近なものにする目標が掲げられています。

もともとのパネル検査で利用される遺伝子は、厳密にはDNAのみが使用されています。これだけでもかなり精度の高い検査が可能でした。しかもその検査は、100種類以上の遺伝子を対象にするため、その患者さまに特化した治療の選択をできるだけでなく、一昔前だったら判らなかったようながん変異の兆候や特徴さえ分析することができました。しかし、検査結果から変異が見つからないことも多くあり、希少例な変異を遂げている遺伝子に対しては正しい治療法が定まらないこともありました。従来のパネル検査から遺伝子治療に結び付く確率は、僅か10%〜15%とさえ言われています。この検査から遺伝子治療に結び付く確率をどれだけ上げられるかが、大きな課題です。

次世代がん遺伝子パネル

遺伝子治療に結び付く確率を上げるために立案されたのが、次世代がん遺伝子パネルです。従来の「がん遺伝子パネル」と「次世代がん遺伝子パネル」の違いはなんでしょうか。検査方法に最大の違いがあります。DNAだけではなくRNAのパネルも用いるのがポイントです。両方(DNAとRNA)のパネルを用いることで、従来なら検出が非常に難しい複合遺伝子も高感度で見つけられるようになります。
このRANとは、リボ核酸とも言われ、端的に説明するとDNAと同じ仲間です。DNAとRANのどちらも核酸と呼ばれ、構造上の違いにより差別化がされています。このRNAについては近年、研究が急速に進み、がん研究の現場でも注目度はうなぎ上り状態です。その研究を先端治療に活用して実用化を目指しているのが、次世代がん遺伝子パネルと、言うわけです。

DNAとRANは、同じ仲間ではあっても、検査の中では役割が変わってきます。DNAで見つけてRNAで実証することで、従来のパネル検査の基本的な部分は変わらずも、RNAパネルを使うことで一層確実にオーダーメイドな治療法を確立させることが可能にさせようとしています。

重要なのは、先述したパネル検査から遺伝子治療に結び付く確率が10%〜15%から引き上げることにあります。確率が上がり保険適用まで叶えば、もっと沢山の人がこの検査を受けられるようになるでしょう。早期発見はもちろん、既に進行していて早急な治療を求められている人にも、最短距離で最適な治療方法を提案できます。まさにがん治療は、新たな時代を迎えていると言っても過言ではありません。

がん遺伝子パネルの重み

遺伝子レベルでの検査では、遺伝性のがんが見つかることもあります。これも発見して治療をするという意味ではメリットです。しかし、遺伝性のがんも含めどのがんも同じですが、がん治療に関しては1人だけの問題ではありません。親や兄弟、ご自分のお子さまなどに対しても、同様のリスクがあることを知る機会になります。
もし、がん遺伝子パネルで遺伝性のがんが見つかるば、早期治療ができる反面、その後そのご家族にも同じがんが見つかる場合もあることを事前に考慮する必要があります。ですから、もしこうした検査を受ける予定がある場合や若しく検査を受けたいという願望があるのであれば、事前にご家族に対して相談をしておくことが望ましいでしょう。

遺伝子は1人だけのものではなく、受け継がれていくものです。その重みも併せて知らされるのが、この「がん遺伝子パネル」検査の最大の特徴なのかもしれません。

コラム

がん先端治療 G-TECHがん先端治療ページのTOPへ