G-TECH
がん先端治療のコラム

がんと免疫細胞の闘い

がんと免疫細胞の闘いについて

前回の記事で免疫について少しお話ししましたが、今回は免疫細胞について詳しくご紹介します。

人体を病気から守るための防衛機構である「免疫」が人体に備わっているのに、がんになることがあります。また体内で「免疫」の働きがあるのに、がん細胞が増殖する進行性のがんと診断されることも少なくありません。いったいこれはどうなっているのでしょうか。

実はがん細胞も賢くて、免疫細胞の攻撃に対して無抵抗で攻撃されるままではなく、免疫細胞の攻撃を回避するように動くことが、さまざまな研究で分かっています。
つまり、がん細胞は免疫細胞に「抵抗」し、免役細胞の攻撃からがん細胞自身を守る仕組みがあると言うことです。これは一般的に「がん免疫逃避機構」と呼ばれています。
このがん細胞の動きによって、免疫細胞が正常に機能できなくなり、がんを発症することになります。

実際に通常とどのように違う動きをするのでしょうか。免疫細胞は通常、外部の侵入に対して司令塔の「樹状細胞」によってがんを発見し、攻撃をする「T細胞」にがん細胞の特徴を伝え、「T細胞」はその情報を基に攻撃の信号を送ります。ところががん細胞の場合は、がん細胞が攻撃のとき発信する信号によって、T細胞つまり免疫細胞が正常に働かなくなってしまいます。
人体には、がん細胞が免疫力を抑え込むようなシステムが複数あると考えられています。免疫力を抑え込むシステムの一つに「PD-1・PD-L1経路」があります。

PD-1・PD-L1とは

まず、PD-1・PD-L1とは何でしょうか。PD-1(Programmed death-1)受容体とは、活性化T細胞の表面に発現するものです。PD-L1(PD-1 のリガンド)は通常、抗原提示細胞(体内に入ってきたウイルスなどの断片を抗原として自己の細胞表面上に提示しT細胞を活性化する)を表面上に発現します。つまり、PD-1・PD-L1は、T 細胞からの応答を抑制もしくは停止させる共同抑制因子として働きをする、免疫チェックポイント・タンパク質のことです。

PD-1とPD-L1とがん免疫逃避機構の関係

このPD-1とPD-L1の2つを例えると、カギとカギ穴のようにぴったり合う関係と言えます。この2つが結合して、がん細胞からT細胞へ信号を送ることで、その働きを抑制し、免疫から逃れていると考えられています。これが、がん免疫逃避機構の仕組みです。

がんと免疫の闘い

「PD-L1」と「PD-1」の働きについて説明しましたが、「PD-L1」と「PD-1」が結合しなければ、がん免疫逃避機構の働きを阻止することになります。ですから、「PD-L1」と「PD-1」が結合されないように、その経路を阻止するための一つとして、抗体を投与する方法があります。
抗PD-1抗体・抗PD-L1抗体は、「PD-L1」と「PD-1」の2つの物質の結合を阻止して、「PD-1・PD-L1経路」を機能させないための薬で、がんとの闘いにおける新兵器と言えます。しかしこの抗体には個人差があり、効く人と効かない人がいます。その要因を特定できればより効率的な投与ができるのですが、それは難しく、がんと免疫細胞の闘いは続いています。

また「PD-1・PD-L1経路」のような、がん細胞が免疫力を抑え込むようなシステムが他にも複数あるとされるため、患者さんの免疫細胞を体外で活性化させてから体に戻す「免疫細胞治療」があります。G-TECH株式会社(ジーテック)では、免疫細胞治療の情報を患者さまへご提供しています。免疫細胞治療の仕組みについては、こちらのページをご覧ください。直接のお問合せもお待ちしています。

まとめ

がん治療において、がん細胞による免疫への妨害を阻止する方法や、患者さんに備わっている免疫細胞の攻撃力をより強化する治療などさまざまな治療がなされています。今後、がんと免疫に関する研究がさらに進み、がん治療の方法も拡大されるでしょう。

コラムリスト

がん先端治療 G-TECHがん先端治療ページのTOPへ